鞄やくつ、ファッションに関して詳しく教えます

概要

ファッションとは、服飾における流行や装飾そのものを指す。
その語源は、フランス語から来ており、その意味としては「もののやり方」であったとされている。

ファッションは、文化や地域の特色に大きく左右されており、時代によって大きく変化する。
また、被服の他にも装いに関係するもの(装身具)や香水などもファッションの範囲内である。

ファッションは産業として巨大であり、世界的な経済の中心地は、同時に最新の服飾の流行地でもある。

歴史

rekishi

ファッションの歴史は古く、人類の歴史とともに発展してきた。ここでは、主に洋服の歴史を説明する。

古代の文明では、衣服というのは巨大な一枚布を身体に巻きつけて装う、シンプルなものが好まれていた。
生地に高級と下級の違いはあったが、衣服自体のデザインにはそれほどの差はなかったとされている。

中世になると、他文明との関わりの中で爆発的に服飾文化が勃興し、各時代の中で「流行」が発生した。
この頃から、衣服に宝石や黄金又は高級な絹などを利用する文化が始まった。

近代になると、これまで華美さを追求した服飾は簡略化され、動きやすく実用的になった。
例を挙げると、「アールデコ」と呼ばれる布のたるみを活かしたシンプルなドレスが流行した。

現代では、被服文化は更に発展し、最新の流行を低価格で楽しめる「ファストファッション」などが開発されている。

中心地

chushinchi

世界の都市の中には、ファッションの中心地になるような都市が存在する。
そうした都市では、流行の創出や服飾の作品発表が行われている。

現在の服飾の中心都市は、ロンドン、パリ、ミラノ、ニューヨーク、東京であり多くの服飾企業が進出している。
また、これらの都市は服飾ブランドの本拠地となっている。